インタビュー

濱克弥が語る「パーフェクトペリオの強さ」

Q) 従来法からPPW機械治療に変えた理由は何ですか?

従来法による機械治療(超音波スケーラーに水道水を使用)を行っても治らず、何か方法を変えなければいけないのか、歯科医師として決断に迫られる時期がありました。

それは、機械的治療(バイオフィルム破壊可能)では浮遊細菌の殺菌ができず治療後の浮遊細菌増殖を招くことになります。

また、化学治療(浮遊細菌の殺菌可能)ではバイオフィルムの破壊ができずバイオフィルム内の歯周病菌増殖を招くことになります。

つまりPPW機械治療であれば 機械治療(バイオフィルム破壊可能)と化学治療(浮遊細菌の殺菌可能)を同時に 行える為、従来の方法で成し得ない唯一の方法だと確信したからです。



Q) 従来法からパーフェクトペリオシステム(PPW検査方法)に変えた理由は何ですか?

従来のポケット測定法(ポケットが浅く正常範囲内であれば治療の必要性がない)では、 骨吸収(へミデスモソームの破壊後)が起きてから、 治療に入るため、介入の段階が遅くなり、 歯周後期治療(フラップオぺ的な治療)に 傾くのが現状です。

PPW検査方法(顕微鏡による歯周病菌の有無やLPSによる免疫細胞過剰反応の有無) であれば、 骨吸収(へミデスモソームの破壊前)が起きる前に、 治療に入るため、介入の段階が早くなり、 歯周基本治療(PPW機械治療)が 中心となります。

そのため、従来のポケット測定では不可能であった 早期発見・早期治療(最小の侵襲)が可能となったのです。



Q) 先生の決意をお教え下さい。

何より患者さんが望み、魅力のある治療法を取り入れ、それに対してドクターと歯科衛生士がチームアプローチとして取り組むシステムを提供するのが現場の臨床医としての責務だと思っております。



Q) 衛生士さんの決意をお教え下さい。

従来の外科的な治療の流れから、ppwを活用した治療法、検査法で早期発見、早期介入出来るシステムに変更し 衛生士が携われる分野が幅広くなればドクターと共に多くの患者さんのお役に立てると思っております。

 

 


 


PAGE TOP