インタビュー

天野聖志が語る「パーフェクトペリオの信頼」

Q)外科治療からPPW機械治療に変えた理由は何ですか?

当院の歯周病治療は、 歯の動揺など咬合性外傷の要因がある患者さんには、

補綴治療と歯周外科治療を併用して、歯周病治療をすることが多かったのですが、

治療の内容説明の時に、歯周外科処置で歯茎を切るということに触れると、患者さんの気持ちの上でかなり抵抗がある方が多く、

やむなく治療計画から歯周外科処置を通常のSRPなどに計画変更する方も多数いました。

また、どうしても歯周外科処置なしでは、治療計画自体が立たない方などは、その場では納得しても、

その後やはり歯茎を切るのが気持ち的に受け入れられないとの理由で当院での治療をキャンセルする方も何人かいらっしゃいました。

そして歯科医師としても、歯周外科処置を行った後でも、『これで歯周病菌は完全に居なくなりました』と自信を持って患者さんに伝えることが出来ないことが、 こちらの気持ちの上でも問題だとは思っていました。

そんな中、PPW機械治療は、これらの治療を受ける立場の患者さんと治療を行う立場の歯科医師の両者の治療における気持ちの問題での決定打ともいうべき治療でした。

患者さんとしては、歯周外科処置で歯茎を切らずに歯周病治療が受けられ、しかも歯周病菌が居なくなったことが目で確認できるので、

治療に対する信頼感や安心感がとても高いことが感じられます。

また歯科医師としては、歯周病菌が居なくなったことを患者さんと一緒に確認することによって、自信を持って患者さんに説明できますし、自分が行った治療に対する将来的な安心感も今までとは全く違います。

Q)先生の決意をお教え下さい。

今まで歯茎を切るということに恐怖感や不安感を感じて、歯周病治療を受けられなかった方や歯科治療自体に恐怖感を感じて歯科医院への受診ができなかった方も多いと思いますので、

患者さんに治療時の大きな安心感を与えるPPW機械治療をより多くの方に広め、また提供したいと思っています。

天野歯科医院 天野聖志

天野歯科医院 天野聖志

天野歯科医院 天野聖志

天野歯科医院 天野聖志

PAGE TOP