インタビュー

上野泰之が語るパーフェクトペリオの存在

Q)化学治療からPPW機械治療に変えた理由は何ですか?

従来行っていた化学治療では、顕微鏡検査をして歯周病菌が確認できても、抗生物質を処方するしかありませんでした。

しかし化学治療では、再感染するたびに抗生剤を繰り返し投与する薬づけの医療になってしまいます。

よって、副作用、アレルギーの問題、また、耐性菌ができ薬の効力がなくなると、殺菌できない菌を見ながらもそれ以上の治療方法がなく憤りを感じていました。

しかしPPW機械治療は、薬品とは違い体内成分の為、副作用、アレルギーの問題が限りなく小さく、再感染しても体にやさしく繰り返しの治療が可能になりました。

さらに、耐性菌が出ない形で完全に殺菌することができ、臨床医として歯周病に立ち向かえる重要な手段を手に出来ました。

顕微鏡検査によって、患者さん自身に自分の口腔内の状態に興味を持ってもらい、それに対応できる方法としてはPPW機械治療しかありません。


Q)歯磨きからPPW処方治療に変えた理由は何ですか?

歯磨きは重要です。

ただ、それだけでは歯周病が治る根本的な治療にはなりません。

なぜなら、歯周病は細菌感染症だからです。

歯磨きではバイオフィルムは破壊できても菌の殺菌は(浮遊細菌)できません。

また、歯磨き後の歯ブラシを殺菌できなければそこで歯周病菌が繁殖し、再感染する恐れもあります。

しかし、PPW処方治療であれば歯磨き+うがいでバイオフィルムと菌の殺菌(浮遊細菌)を同時に行え、尚且つ効率よく歯ブラシに付いた歯周病菌の殺菌をしながら歯磨きを行うことが可能です。

当院では、全国の患者さんに歯周病が感染症であることを理解していただきたいと思っております。

また当院に来たことがきっかけで、少しでも早く自分の状態を把握し、子供の頃から家族全員で歯周病予防に取り組んでもらいたいと考えています。

症状が出てから興味を持つのでは本当の予防歯科は成り立ちません。

また、その手段は歯磨きだけではありません。

それには、PPW処方治療によって菌の絶対数を下げることが重要です。



Q)先生の決意をお教え下さい。

進行が進んでから治療を始めたのでは患者さんの為にはなりません。

早期発見、早期治療を行い私共も一緒に菌のコントロールをさせていただきたいと思っております。

そして、一生進行しない口腔内状態を維持してもらう為の最善の治療方法を提供してくのが私共の役目です。

その為にPPW機械治療、処方治療を多くの患者さんに使用していただき、いずれは歯周病、虫歯のない世の中にするのが臨床医としての決意です。

 

ウエノ歯科 上野泰之

ウエノ歯科 上野泰之

ウエノ歯科 上野泰之

ウエノ歯科 上野泰之

PAGE TOP