インタビュー

金子泰英が語るパーフェクトペリオの意味

Q)従来法からPPW 機械治療に変えた理 由は何ですか?

患者様だれもが、早くかめるようになり たいと思うのではないでしょうか。

従来の歯科治療は、歯周病治療やプラー クコントロールに長時間を費やし、

修復・補綴治療に移行するまでに長期化 を要していました。

咬めない時期が長いと患者様のイメージもあまりよくありませんし、

時には歯周病は治らないものと思いあきらめてしま う患者様も以前はいました。

歯周病原菌の殺菌をせずに行えば感染の リスクも高くなり、また以前は裸眼での 治療を行っていたため、

歯石を十分に取り きれず歯肉の炎症をコントロールするこ とに長期間を要していました。

更に外科処置になれば治療期間は長くなります。

しかしPPW 機械治療では、まず歯周病菌を殺菌し、感染のリスクを下げ、テレスコープ下での治療を行うため、

歯石・ 内毒素の取り残しがなくなり、歯肉の 炎症反応をコントロールすることが短期間で可能となりました。

またPPW を用いたマージンマーキン グ法を行うことにより、歯肉をコントロ ールしながらTEK まで1 回での治療 が可能になり、

印象・補綴へとスムーズ に移行できるようになりました。

炎症のコントロールと力のコントロー ルを同時に行っていけるのは患者様に とっても、

私達歯科医師にとっても大き なメリットだと考えています。

 

Q)先生の決意を教えてください。

歯科医師として、従来の固定概念にとらわれず自分の信じた道を進み、

患者さんのために確実な結果の出る治療を おこなっていきたい。

そのためにPPW は必要であり、自分にはなくてはならないものです。

KANEKO DENTAL OFFICE

KANEKO DENTAL OFFICE

KANEKO DENTAL OFFICE

KANEKO DENTAL OFFICE

PAGE TOP